重点分野(開発対象項目)の定義

入浴支援

ロボット技術を用いて浴槽に出入りする際の一連の動作を支援する機器

重点分野(開発対象項目)の定義

  • 要介護者が一人で使用できる又は一人の介助者の支援の下で使用できる。
  • 要介護者の浴室から浴槽への出入り動作、浴槽をまたぎ湯船につかるまでの一連の動作を支援できる。
  • 機器を使用しても、少なくとも胸部まで湯に浸かることができる。
  • 要介護者の家族が入浴する際に邪魔にならないよう、介助者が一人で取り外し又は収納・片付けをすることができる。
  • 特別な工事なしに設置できる。
入浴支援
製品名/開発課題 メーカー 状況
(株)ハイレックス
コーポレーション
製品化
TOTO(株)
開発中
積水ホームテクノ(株)
製品化
エア・ウォーター(株)
製品化
オージー技研株式会社
開発中
入浴支援
製品名/開発課題
入浴支援装置 バスアシスト
製品化
入浴支援装置 バスアシスト

メーカー

(株)ハイレックス
コーポレーション

浴槽設置型入浴支援機器の開発
開発中
可変入浴支援機器 wellsリフトキャリー
製品化
可変入浴支援機器 wellsリフトキャリー

メーカー

積水ホームテクノ(株)

development.preparation
製品化
在宅居室向けシャワー入浴装置の開発

メーカー

エア・ウォーター(株)

development.preparation
開発中
リフト付小型介護浴槽の開発

メーカー

オージー技研株式会社


出典
ロボット介護機器開発・導入促進事業(開発補助事業)研究基本計画 経済産業省 平成29年10月