重点分野(開発対象項目)の定義

移動支援(屋内移動)

高齢者等の屋内移動や立ち座りをサポートし、特にトイレへの往復やトイレ内での姿勢保持を支援するロボット技術を用いた歩行支援機器。

重点分野(開発対象項目)の定義

  • 一人で使用できる又は一人の介助者の支援の下で使用できる。
  • 使用者が自らの足で歩行することを支援することができる。搭乗するものは対象としない。
  • 食堂や居間での椅子からの立ち上がりやベッドからの立ち上がりを主に想定し、使用者が椅座位・端座位から立ち上がる動作を支援することができる。
  • 従来の歩行補助具等を併用してもよい。
  • 標準的な家庭のトイレの中でも、特別な操作を必要とせずに使用でき、トイレの中での一連の動作(便座への立ち座り、ズボンの上げ下げ、清拭、トイレ内での方向転換)の際の転倒を防ぐため、姿勢の安定化が可能であれば、加点評価する。
移動支援(屋内移動)
製品名/開発課題
介助+α移動器具の開発
開発中
介助+α移動器具の開発

メーカー

(株)ワイエムピー・ムンダス

移動支援(屋内型)ロボット開発
開発中
移動支援(屋内型)ロボット開発

メーカー

(株)モリトー

電動立ち上がり補助機能付き歩行車の開発
開発中

出典
ロボット介護機器開発・導入促進事業(開発補助事業)研究基本計画 経済産業省 平成29年10月