Robotic Devices for Nursing Care Project
Language

転倒予防機能を備えたロボティックウェア
”curara®移動支援用”の開発
(AssistMotion株式会社)
機器の特徴

curara®移動支援用(イメージ)

ロボティックウェアcurara®移動支援用は、高齢者の自立支援に適した装着型移動支援機器を目指す。主に高齢者等が一人で外出を行うための移動支援機器として利用することを想定し、高齢者が一人で利用できるロボットを開発する。
従来のcurara®の歩行アシスト機能に加え、「軽量」で、「一人で簡単に装着」でき、「屋外使用」「転倒予防機能」といった新機能を追加する。

製品の特徴
・高齢者の自立支援に
左右の股関節と膝関節に配置されたモータが、装着者の動きをアシストします。歩行時のアシストに加え、起立・着座のアシストを行います。
また、屋外での使用が可能となり、装着したままで外出することができます。

・新しく「転倒予防機能」を備えます
安全面での新機能として、すり足歩行を防止する機能、歩行時のふらつきが大きくなると音などで装着者にお知らせする機能を備え、装着者の転倒を予防します。

・一人で簡単に使えるように
装着方法を簡単にし、重量3kgを目指し軽量化します。
技術的な特徴
curara®の基本技術

① 運動拘束のない非外骨格型構造
モータの発生力を直接人の各関節に伝える、ロボットの骨格を排除した『非外骨格型構造』を用いる事で、より軽量で運動拘束感の少ないロボティックウェアを実現し装着者の負担を軽減する。

② 装着者の動作意思を検出するトルク検出法
極めて高い実用性を有するトルク検出技術で、装着者の運動意思を検出することを目的とした人とロボットの間の相互作用トルクを検出する。

③ 装着者の運動に合わせる同調制御法
人間同士における運動補助の方法に学んだ制御法であり、装着者の運動機能レベルにあった運動補助によってリハビリ訓練としての反復動作が行える。
詳細情報
ロボット介護機器の名称 転倒予防機能を備えたロボティックウェア”curara®移動支援用”の開発
企業名 AssistMotion株式会社
http://assistmotion.jp/
重点分野名 移動支援(装着移動)
想定される使用者 杖などを用いてでも自立が可能で、足を振り出すことができる要介護者
想定される使用環境 室内、屋外(舗装された道)、外出時の店舗等の施設内
販売目標時期 2021年4月以降、順次販売予定
問合せ部署名
問合せ電話番号 0268-75-8124