Robotic Devices for Nursing Care Project
Language

日常の生活動作と環境に連動した双方向での情報伝達
(エイアイビューライフ株式会社)
機器の特徴
個人情報漏洩防止・プライバシー保護に配慮した「看護・介護現場の見える化」を実現させた介護ロボットであり、拘束しない見守りや自立支援を目指した看護・介護職の皆様の業務支援を担う見守りロボットです。また、対話型ロボットと見守り型ロボットの連動にて生活動作や環境に適したお声がけ機能を実現させます。
製品の特徴
広角赤外線レーザーを採用することで、従来のセンサーでは不可能であった居室の全エリアを対象とした危険予兆動作と危険動作を検知することができます。※危険予兆動作(起上がり、端座位、柵越え、ずり落ち、離床)、危険動作(転倒、うずくまり、横たわり、トイレ異常、生体異常)
また、介護保険制度で求められる「良くする介護」を支援するための生活動作情報(ディープデータ)を活用することができます。
※ディープデータ:個人の長期間の日常生活動作の履歴情報(テキスト、動画)。
技術的な特徴
検知アルゴリズム:構造化分析、骨格・質量認識
ベッド位置自動設定:ベッド枠と高さの抽出技術
センサー角度自動補正:センサー角度の自動補正
介助検知防止:介助作業による誤検知防止
リアルタイム映像配信:動画のリアルタイム配信
狭帯域通信制御:狭帯域での動画通信制御技術
クラウド対応:エッジコンピューティング対応
※クラウドサーバー対応は2018年6月以降
詳細情報
機器の名称 エイアイビューライフ(A.I.Viewlife)
企業名 エイアイビューライフ株式会社
http://aiview.life
重点分野名 ・見守り支援機器(介護施設型)
・見守り・コミュニケーション
想定される使用者 認知症、高齢者、要支援・要介護者、介護従事者
想定される使用環境 病院、介護施設、在宅。
病院:病室の全エリア(ベッドも含む)
介護施設:居室の全エリア(ベッドも含む)
在宅:寝室
販売目標時期 見守り支援機器(介護施設型):2018年4月
見守り・コミュニケーション:2019年4月
問い合わせ部署名
問い合わせ電話番号 03-6261-6327