Robotic Devices for Nursing Care Project
Language

本サイトについて
はじめに

○介護を受ける必要のある方々の自立支援がもっとできたら。
○介護を刷る方々の負担軽減がもっとできたら。
 高齢化社会を迎える日本にとってこれらのテーマ解決のためのスピードアップが望まれています。
 経済産業省はロボット介護機器開発・実用化および導入を支援促進し、介護現場へのロボット機器導入に必要な基準作成や標準化等の環境整備を行うために平成25年度よりロボット介護機器開発・導入促進事業を、また平成29年度より後継事業であるロボット介護機器開発・標準化事業を行ってきました。
 本サイトは、経済産業省の補助事業である、ロボット介護機器開発・導入促進事業をはじめとする介護現場へのロボット機器導入に関する様々な情報をご提供すべく、さまざまな角度から国、団体、企業などの情報をご紹介します。

サイト運営について

 本サイトは、経済産業省/国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)によるロボット介護機器開発・導入促進事業、およびその後継事業であるロボット介護機器開発・標準化事業の推進支援とその成果の広報を主要な目的とし、加えて介護用ロボットの社会的認知と普及に貢献することを目指して開設されました。運営は上記事業において基準策定・標準化事業を担当する、国立研究開発法人 産業技術総合研究所を中心としたコンソーシアムが行っています。(注)

(注) 平成28年度より、ポータルサイトはAMEDの監修の下で(一社)日本ロボット工業会が管理しています。

 本コンソーシアムの構成機関は以下の通りです。

  • 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (AIST)
  • (一財)日本品質保証機構 (JQA)
  • 国立学校法人 京都大学
  • 国立学校法人 佐賀大学
  • (一財)日本自動車研究所 (JARI)
  • (独)労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所 (JNIOSH)
  • 国立大学法人 名古屋大学
  • (一社)日本ロボット工業会 (JARA)
  • 日本福祉用具・生活支援用具協会 (JASPA)

  • ※以下の機関は「基準策定・評価事業のコンソーシアム」に参加
  • (一社)日本福祉用具評価センター (JASPEC)
  • 愛知医科大学
  • (株)アプライド・ビジョン・システムズ (AVS)

 本事業につきましては、以下をご覧下さい。

[経済産業省発表]

[国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)]


掲載資料の引用、当サイトへのリンク ⇒ サイトポリシー