離床アシストロボット 「リショーネPlus」 (パナソニック エイジフリー株式会社)

機器の特徴
  • 特徴
  •  離床アシストロボット「リショーネPlus」は、電動ケアベッドと介助型の電動フルリクライニング車いすを融合した新しい概念の介護ロボットで、介護者1人で、簡単・安全・スムーズな移乗介助を行うことができます。
     通常は3モーター(背上げ・足上げ・高さ調整)の電動ケアベッドとして利用することができます。これに加え、ベッドの半分が電動フルリクライニングとして分離可能に構成されています。そのため、寝たきり状態の重度要介護者のベッド-車いす間の移乗・離床を、介護者1人で、持ち上げずに寝たままの姿勢で安全かつ容易に行うことができます。
     また、生活支援ロボット国際安全規格ISO13482に基づく認証を取得しています。介護ロボットに求められている安全性を確保していますので、安心してご利用頂くことができます。
    リショーネPlusの概要

  • 主な対象者
  •  リショーネPlusは寝たきり状態の重度要介護者の離床、共用場所での食事やアクティビティ等への参加を支援するための介護ロボットです。身体リスク(骨粗鬆症、皮下出血、皮膚剥離、経管栄養等)により移乗が困難で離床を諦めていた方や、安楽な離床により参加機会が増えQOL向上が期待できる方を対象としています。

  • 導入効果
  • リショーネPlusの導入により、主に以下の効果を期待することができます。
    (1)QOL向上
     寝たきり状態の重度要介護者を寝たままの安楽な姿勢で移乗でき、移乗時の苦痛や身体・心理負担を軽減することができます。これにより、離床機会を増やし、共用場所での食事やアクティビティ等への参加を促進し、よりイキイキした生活の維持に繋げることができます。
    (2)労働環境改善
     従来、2~3人必要であった重度要介護者の持ち上げ移乗介助を、介護者1人で持ち上げずに行うことができます。これにより、介護者の身体負担軽減(労災で最も多い移乗時の腰痛リスク低減)・心理負担軽減・移乗時の転落事故リスク低減を図ることができます。

    ※詳細内容は下記URLをご参照ください。
    http://sumai.panasonic.jp/agefree/products/resyoneplus

詳細情報
ロボット介護機器の名称 離床アシストロボット リショーネPlus
企業名 パナソニック エイジフリー株式会社
重点分野名 移乗介助機器(非装着型)
想定される使用者 身体リスク(骨粗鬆症、皮下出血、皮膚剥離、経管栄養等)により移乗が困難で離床を諦めていた方や、安楽な離床により参加機会が増えQOL向上が期待できる方
想定される使用環境 介護施設、在宅
販売目標時期 2017年1月20日より販売開始、2017年2月1日より順次レンタル開始
問合せ部署名 ケアプロダクツ事業部 営業企画部
問合せ電話番号 06-6908-8141
問合せメール 下記ホームページよりお問合せください。
https://sumai.panasonic.jp/agefree/