ロボット介護機器開発者のための安全ハンドブック (概要)

 基準策定・評価事業の安全に関わる成果をハンドブック形式にまとめています。本ハンドブックの読者はロボット介護機器開発者を想定しており、特に、本事業で開発対象とした8つの重点分野のロボット介護機器を開発しようとする事業者が、ロボットの安全設計から安全検証計画立案、安全試験までの一連の流れにおいて参考となる内容にする予定です(下図に示すV字モデルの赤枠の部分)。


fig1
ロボット介護機器開発と導入のV字モデル

安全ハンドブックの構成
1章 本ハンドブックの概要や具体的な活用方法についての記載。
2章 安全設計の基本となるリスクアセスメントの方法についての、雛形やリスク見積もり指標も含めた紹介。参考資料としてリスクアセスメントシート作成を支援するためのツールや保護方策事例についても掲載。
3章 安全検証計画立案をする際に参考となる検証事例、ロボット介護機器の分野ごとの危険源やそれに対応した保護方策の検証方法(含、既存参照規格)についの具体的な紹介。
4章 特に試験により確認が必要な検証項目について、本プロジェクトで新たに開発した試験方法を具体的に紹介。
附属書 4章で紹介する試験方法のエビデンスとなる基礎データ、臨床現場の視点によるロボット介護機器の安全性や利便性に関する確認リスト、一部の試験で使用する試験用人型ダミーなどの参考資料。

ハンドブック入口 ⇒ ロボット介護機器開発者のための安全ハンドブック (リンク) (整備中)