ロボット介護機器のための本質安全設計支援ツールの開発

 本質安全設計の実施のためには、適切なリスクアセスメントの実施が必要ですが、十分な経験のない開発者がリスクアセスメントや本質安全設計を適切に実施するには困難が伴います。そこで、事例を参照しながらリスクアセスメントおよび本質安全設計を実施できるような本質安全設計支援ツールを開発し提供することで、本質安全設計の実施を容易にすることを目標としています。

 開発中のツールは、特にロボット介護機器の開発に的を絞り,本質安全設計の助けになるツールを目指して開発を進めています。機器の開発に当たっては、まずリスクアセスメントを実施し、本質安全設計/安全防護/使用上の情報の順に保護方策を適用してリスク低減を行う必要がありますが、ロボット介護機器という新たな分野に参入しようとする開発者にとって、どのようなリスクが想定され,どのように本質安全設計を進めればよいのかの手がかりが必要なためです。
 開発している本質安全設計支援ツールでは、危険源の特定(図1)とリスクの見積もり(図2)、保護方策の選択(図3)とリスクの再見積もり等が実施できます。また、実施したリスク見積もりのプロセスを保存することができます。
 今回製作した本質安全設計支援ツールVer.4では、これまでに開発したツールをベースに、

  • 危険事象のリストについて、危険源ごとに絞込みを行えるようにすること
  • 対象者(被介護者、介護者、メンテナンススタッフ等)ごとのリスク見積もりを行えること
  • 機能安全および対象者以外の人のサポートによるリスク低減の評価を行えること

等の機能を実装し、より使いやすいツールを実現しました。
また、保護方策のコストについて定性的評価を行う機能を実装しました(図4)。
さらに、プロジェクトの進展にともなって対象機器の見直しを行い、また機械安全の有識者によるレビューを受けて、コンテンツ(危険源、危険事象、保護方策など)の更新を行いました。

fig1
図1 初期リスクアセスメント:危険源の同定
fig2
図2 初期リスクアセスメント:リスクの見積もり
fig3
図3 再リスクアセスメント:保護方策の選定
fig4
図4 再リスクアセスメント:保護方策のコストの評価