認知症ケアマネジメントプラットフォーム(フューロワークス(株))

開発する機器の特徴全体概念図

  • 赤外線深度センサ、ベッドマット荷重センサ、光センサ、床マットセンサを組み合わせベッド上での体位変化あるいはベッドからの離床による危険状態への移行を検知。
  • 被介護者の身体能力と体位と危険度の関係表「危険レベル分類表」を設定し、それに基づいて危険状態への移行を推定。
  • センサ群は無線通信機能を付与し、モジュラーアーキテクチャとするため組み換えや機能拡張が容易に可能。
  • データベースの活用による認知症患者個々人の特性や状態に合わせた適切なリスク管理。
  • リスクアセスメントを取り入れたケアプランに基づいたシステム運用により、介護士ごとのバラツキやリスクと効率性のバランスのよい施設マネジメントが可能。

詳細情報

ロボット介護機器の名称 認知症ケアマネジメントプラットフォーム
企業名 フューロワークス(株)認知症ケアマネジメントシステムコンソーシアム
重点分野名 認知症の方の見守り
想定される使用者 介護従事者/介護施設管理者
想定される使用環境 介護施設内の認知症患者のベッド周辺とスタッフステーション
販売日 平成27年1月
問合せ部署名 フューロワークス(株)
問合せ電話番号 047(478)0567