新型人感センサーを用いた在宅介護見守りクラウドシステム(株式会社アドバンスド・デジタル・テクノロジー)

開発する機器の特徴

認知症の方を含む在宅被介護者を24時間自動で見守り、異常を検知したら即座に介護者へ通報するシステムです

 

adt_kaigoimg

    製品の特徴

  • 在宅者が生活する全ての部屋を暗時でも同時に見守り可能です。
  • 被介護者の自発的ボタン操作や端末等の携帯を必要としません。
  • 転倒や長時間の踞り等を異常として認識し、外出なども検知し、直ちに介護者へ通報します。
    技術的な特徴

  • 新型人感センサーを採用するため、従来の二次元画像カメラによる見守りと違い、細かいテクスチャーは検知しないのでプライバシーに配慮できます。
  • 照明に近赤外光を用いることで暗所でも検知可能です。
  • 要介護者の状態を常に新型人感センサーでモニターし、そのデータに基づき自動的に異常検知を行うので、要介護者が端末等を身に付けておく必要はありません。

詳細情報

ロボット介護機器の名称 新型人感センサーを用いた在宅介護見守りクラウドシステム
企業名 株式会社アドバンスド・デジタル・テクノロジー

株式会社ロジック・リサーチ

九州工業大学

重点分野名 認知症の方の見守り(在宅介護見守り)
想定される使用者 認知症の方を含む被介護者の介護者
想定される使用環境 被介護者の生活する居間や寝室、玄関などの生活空間に新型人感センサーを設置し、24時間365日被介護者の動きを見守る。
販売目標時期 2018年4月頃
問合せ部署名 在宅介護見守り事業チーム
問合せ電話番号 092-981-6886