独居高齢者の見守り・転倒検知システム(株式会社ネットワーク21)

高齢者が安心して生活ができるよう、
センサシステムにより24 時間365日見守りを行います。

開発する機器の特徴

mimamori_eyecatch

異常状態の検知は、物理的な転倒および呼吸・心拍の変化の両面から総合的に判定します。起き上がれないような異常状態が発生した時には速やかに介護者に通報します。通報を受けた介護者は、高齢者に対して音声通話による声掛けを行うこともできます。また、浴室内での転倒、および浴槽での沈水時の検知にも対応しています。沈水時は浴槽からお湯を強制排水し、溺死を防ぎます。

mimamori_robotcare_img

製品の特徴

  • 居室、浴室、寝室など、屋内のすべてで見守り可能です。
  • 赤外線画像認識により暗所でも見守り可能です。
  • 浴槽内での沈水も検知可能です。
  • 浴槽内で沈水を検知した場合、一定時間経過後に自動的に強制排水を実施します。
  • 異常時に被介護者と音声通話による呼び掛けが可能です。
  • 日々のデータの集積により、基本活動の低下や異常を発見し、被介護者の健康状態の維持や管理に役立てられます。

技術的な特徴

  • 独自の骨格トラッキング技術(関節の3次元座標と加速度測定)により転倒を高精度に検知します。
  • 転倒検出後の身体の状態と合わせて、デプスカメラを応用した精密距離変化計測により呼吸・心拍をセンシングし、転倒により受けたダメージを複合的に判定します。
  • 異常状態が発生した場合には、音声通話機能により、離れて暮らす家族が被介護者に声掛けをしたり、会話することができます。また、異常発生時の状況を画像メールとして送付することも可能です。
  • 精密距離変化計測で浴槽内での沈水も検知します。
  • 骨格トラッキング画像により解析を行うため、従来の画像カメラと比べプライバシーが保たれます。
  • 骨格トラッキング技術により転倒検出を行うだけではなく、日常生活での平常における活動量や運動機能、呼吸・心拍の状態を遠隔モニタリングすることができますので、離れて暮らす家族でも被介護者の生活の様子を把握することができます。
  • 外出を確認後、所定時間を過ぎても帰宅しない場合には緊急通報メールを送信します。


詳細情報

ロボット介護機器の名称 骨格トラッキング見守りセンサ・転倒検知システム
企業名 株式会社ネットワーク21
重点分野名 認知症の方の見守り
想定される使用者 日常で独居状態が発生する認知症の方、および見守りが必要な高齢者、在宅介護事業者等
想定される使用環境 高齢者の居室、寝室、浴室、脱衣所、廊下、玄関等、見守りが必要な箇所
販売目標時期 2016年4月頃予定
問合せ部署名
問合せ電話番号 03-6264-1572