FG視覚センサをもちいた認知症患者用非接触ベッド見守りシステム(株式会社イデアクエスト)

開発する機器の特徴

システムのイメージ図
処理の流れ
  • 【特長】 完全非接触・無拘束のセンシング装置であり、被介護者は、本装置の使用時に如何なる身体的制約をも受けることはない。
  • 【信頼性】 危険姿勢の検知は、三次元再構成人体形状を入力とするニューラルネットワーク判断、生体反応の検知はFG視覚センサから取得する体動情報の分析によって行われ、それらによる誤報率は極めて低い。
  • 【速報性】 危険状況の察知及び確定から発報までの時間が極めて短く、30秒以内の外部通報が可能。
  • 【プライバシー保護】 開発機器における外部通報は、ナースコールシステムへの危険の通報、あるいは電話による危険と要確認の通報によってのみ行われ、機器は如何なる画像表示装置をも具備しない。したがって、本装置が被介護者のプライバシーを損ねることはない。

詳細情報

機器の名称 FG視覚センサをもちいた認知症患者用非接触ベッド見守りシステム
企業名 株式会社イデアクエスト
重点分野名 認知症の方の見守り
想定される使用者 認知症患者見守りの目的で介護者(家庭内では家族を含む)が使用
想定される使用環境 認知症患者が暮らす部屋(施設、家庭内)において使用。「センサ部分」を被介護者使用ベッドの枕側の壁、「制御装置」をベッド下など被介護者の手が届きにくい場所に設置。 ベッドは、介護用ベッドや、普通のシングルベッド程度の面積を持つベッドならば特に制約はない。 使用方法は、介護者が被介護者の見守りをスタートする時点で、機器の主電源スイッチをONにするだけ。見守り中に被介護者が危険な状態に陥った場合、介護者に向け即座に通報が発せられる。
販売目標時期 販売開始予定時期:平成27年11月
問合せ部署名 研究開発室ベッド見守りシステム開発チーム
問合せ電話番号 03-6459-9776
問合せメールアドレス robotcare-info (at) ideaquest4u.com
(「 (at) 」 を「@」に置き換えてください)