【経済産業省発表】新重点分野が発表されました

経済産業省と厚生労働省は、ロボット技術による介護現場への貢献や新産業創出のため、平成24年11月に策定した「ロボット技術の介護利用における重点分野」を改訂しました。
これを踏まえて、来年度より新たな重点分野の開発支援を開始することが予定されています。詳細は以下のリンクをご参照ください。

新たに追加された重点分野

これまでの重点分野(移乗支援(装着型)、移乗支援(非装着型)、移動支援(屋外)、排泄支援、見守り支援(施設))5つに加えて、以下の3分野が新たに追加されました。

屋内移動支援
屋内移動支援
在宅見守り
在宅見守り
入浴支援
入浴支援

  • 移動支援(屋内): 高齢者等の屋内移動や立ち座りをサポートし、特にトイレへの往復やトイレ内での姿勢保持を支援するロボット技術を用いた歩行支援機器
  • 見守り支援(在宅): 在宅介護において使用する、転倒検知センサーや外部通信機能を備 えたロボット技術を用いた機器のプラットフォーム
  • 入浴支援: ロボット技術を用いて浴槽に出入りする際の一連の動作を支援する機器

今後の支援対象

開発支援(ロボット介護機器開発・導入促進事業)

5分野8項目の重点分野について、開発補助事業の公募を本年3月に開始する予定です。

  • 平成26年度予算案:25.5億円
  • 補助率:2/3(中小企業)、1/2(その他)

実証支援(ロボット介護機器導入実証事業)

開発が進重点分野のロボット介護機器の中で、15機種・合計1500台程度の介護施設での大規模な実証を支援する事業の公募を本年3月に開始する予定です。

  • 平成25年度補正予算案:20.5億円
  • 補助率:製造設置費用の 2/3(中小企業)、1/2(その他)など

詳細については、上記リンクを参照されるか、第5回ロボット介護機器開発パートナーシップ会合へご参加ください。

カテゴリー: NEWS パーマリンク