介護ロボット導入加速化報告会

国際ロボット展において「介護ロボット導入加速化報告会」が行われます。

趣旨

昨今、政府による介護現場へロボットを普及させる施策「ロボット介護機器開発5カ年計画」などが打ち出されており、現在、経済産業省の事業において47事業者が研究開発を行っています。今回表記の報告会を開催し、施策内容の説明やこれまでの成果報告を行います。また、国際ロボット展において経済産業省としても出展を行っておりますので、併せてご覧ください。

概要

  • 主催: 経済産業省、厚生労働省
  • 無料: 参加登録はこちら
  • 日時: 11月7日(木) 12:00~14:00
  • 定員: 120名
  • 会場: 東京ビッグサイト 東2ホール入口 ワークショップ会場A

プログラム

12:00~12:20 経済産業省の取組紹介
経済産業省 製造産業局産業機械課 産業機械課 産業機械課 課長補佐
北島 明文 氏
12:20~12:40 厚生労働省の取組紹介
厚生労働省 老健局振興課 福祉用具・住宅改修指導官 介護支援専門官
宮永 敬市 氏
12:40~13:05 基準コンソーシアム
独立行政法人産業技術総合研究所 知能システム部門 部門長
比留川 博久 氏
13:05~13:30 介護事業者が期待する介護機器(仮)
オリックス・リビング 代表取締役
森川 悦明 氏
13:30~13:55 補助事業者 採択者から選定(調整中)
カテゴリー: NEWS パーマリンク